フィリピンコロナウイルス問題への対応と人事配置について

コラム

お客様各位

いつもお世話になっております。
本日は、フィリピンのコロナウイルス問題への対応について新たな動きがございましたので、皆様へご連絡させていただきました。

昨日、ドゥテルテ大統領より弊社のオフィスがあります、マニラ首都圏はMECQからGCQへ移行するとの発表がありました。

これにより、規制は緩和されることとなりました。

具体的な例を挙げますと、公共交通機関の運行、レストラン、モールなどの営業が許可されます。

また、今回のMECQはフィリピン医師団からのキャパシティーオーバーの要請を受けて、実行されたものでした。

ドゥテルテ大統領はこれ以上のロックダウン規制は考えていないとコメントしており、今後は規制が緩和されていく見込みとなっております。

まだ、ワクチン問題などは解決しておりませんが、フィリピンビジネスが少しずつですが、前進しております。

今回の変更を受けて、弊社ではBGCオフィスの人員を通常営業へ変更することを決定いたしました。

しかし、政府の強化されたガイドラインに従って、安全第一で営業を続けてまいります。

すでに、弊社のメイン事業であるレンディング事業と、BPO事業はWFH(在宅勤務)体制が整っており、オペレーションシステムに変更はありません。

今回はメインオフィスであるS Division Holdings, Inc.オフィスの従業員の変更となります。
また、政府関係のタスクなど、レポートが必要なスタッフについては引き続き通常勤務となります。


また、S Divisionの組織体制強化のための、人事異動を実施いたしましたので、こちらでご報告させていただきます。

まず、S Division Holdings, Inc.の副社長として、Gene Frizzellが就任しました。


Gene FrizzellVice President

資格:MBA、ISO 9001(品質マネジメントシステム)内部監査人、教員免許

Gene(ジーン)はカナダ出身、日本に6年間滞在していたこともあり、英語と日本語を話す。

カナダ、カタールをはじめとする様々な国で15年間のビジネスを経験し、東南アジアで急成長を遂げるフィリピンの企業からのコンサルタント依頼を受けて来比。

S Divisionのビジョンとミッションに共感し、同社に役員として入社。

彼の専門分野は、戦略、オペレーション、トレーニング、企業改革であり、経営学の最上級学位であるMBAを取得。

また、ISO 9001内部監査人として、これまで様々な大企業のISO認定プロジェクトに携わってきた。

また、彼は様々な国でのビジネスのみではなく、地域社会への奉仕活動にも従事してきた。

カナダ陸軍での長年の兵役に加えて、発展途上国でJAICAが主催する2つのボランティアツアーを成功させた。

Geneは様々な大企業でマネージャーを歴任してきた人物です。

S Divisionは今後のフィリピンでのビジネスの発展、また、現在、世界各国の企業とのビジネスを行っています。

そのため、世界各国でビジネス経験があり、マネジメント経験豊富なGeneを副社長に異動しました。

次にBPOプロジェクトの人事配置のお知らせとなります。

S Divisionが手掛けるBPOプロジェクトの安定したクライアントの獲得、24時間という特殊なビジネスモデルのマネジメントのために、Derekを外部顧問として迎えました。


Derek Gallimore CEO Outsource Accelerator

彼はフィリピンでBPOコンサルタントサービスを提供する、Outsource Accelerator(OA)のCEOです。

OAは、世界をリードするアウトソーシングマーケットプレイス、アドバイザリー、オペレーターです。

OAプラットフォームには、600以上のアウトソーシング提供者、4,000の記事、ビデオツアー、インタビュー、250以上のポッドキャストエピソードが含まれています。

OAは「アウトソーシングのアリババ」として、企業がアウトソーシングサプライヤーを探索および接続するための信頼できる入り口を提供します。

Derekは5か国に住んで働いており、さらに数十カ国を旅しています。 彼は2008年以降、リモート、オンラインの国際化を具現化してきました。

今の地位に就任するまでには一種の賭けのようなビジネスにもチャレンジしてきました。

Derekは、2011年からフィリピンでアウトソーシングをし、2014年からマニラで暮らしています。彼は、アウトソーシングが今利用できる最も強力で革新的なビジネスツールの1つであると信じています。

S DivisionはフィリピンのBPOコミュニティで最大手のOAと契約を結び、Derekを外部顧問としてS Divisionに迎えました。

彼はフィリピンBPO業界では名の知れた人物であり、フィリピンのBPOに関するニュースのコメンテーターも務めている人物です。

S Divisionが今後のBPOプロジェクトが安定した成長を遂げるため、また、より良いクライアントの獲得を行うために、Derekに弊社のポートフォリオに参加してもらいました。

S Divisionのさらなる組織体制のために行われた人事異動について本日は皆様にご報告させていただきました。

コロナウイルス問題で世界中のビジネスが混乱しておりますが、S Divisionは新体制のもと、安全でクリアなサービスを皆様にご提供するために、日々、進化してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。