セミナー案内

2020年2月3日

イベント・セミナー

開催日 時間 セミナー名 エリア 定員 申し込み
3月1日(日) 13:00~ 2020年から始めるあなたが成功するための9ステップセミナー 東京 300名 詳しくはこちら
2月22日(土) 13:30~ AB証券セミナー 東京 150名 満席

フィリピン証券セミナーの詳細

フィリピン不動産は、最近、中国の投資家の資本が入り、物件価格も高騰。

不動産で稼ぐには、かなりの目利きが必要な市況になってまいりましたが、
フィリピン証券口座は、まだまだ成熟しておりません。

フィリピンの人口比に対し、証券口座を開設しているのは、なんと1%未満。

一方で、すでにフィリピンの人口は、日本と同規模の1億人に達しており、平均年齢は、わずか24歳。

2050年まで人口が伸びるとされる急成長国であり、経済成長も毎年6%以上を継続しています。

この背景で、株価がどんどん伸びることは、想像に難くないと思います。

まさに、タイムマシン投資ができる市況です!!

セミナー当日では、フィリピンの証券の市況だけでなく、
おススメ銘柄や、IPO情報等、旬の話題もお伝えさせていただきます。

フィリピン証券の4つの特徴

特徴1 
銘柄が少なく、その上昇率が高い

フィリピンの証券取引所には、現在約270社しか上場をしていません。

しかも、そのうち下位の会社に関しては、ほとんど値動きしない実質休眠状態の株が存在します。

休眠会社の株を省けば、実質狙うべき株は、かなり限定されてきます。

フィリピンの会社なんて、何もわからないという方にもこの辺りは安心材料になります。

限定された企業をリサーチすれば良いということになります。

そして、ここ10年のフィリピンの株価を見てみると、見事な右肩上がりの上昇。

フィリピンの株価チャート

こちらの画像はPSEIと呼ばれる、フィリピン株の代表銘柄30社が示す
総合指数になりますが、見事な右肩上がりです。

10年前のフィリピンのPSEIは、1800ペソでしたが、
2019年の今、総合指数は約7700ペソ。

約4.2倍に成長しています。

日本の方にも比較的なじみの深い、スペイン系財閥、
フィリピン不動産最大手のアヤラランドですと、

2009年 1株 5.8ペソ
2019年 1株 47.7ペソ

約8.2倍になっています。

アヤラランドの株価チャート

世界で最も力のあるマクドナルドを抑え、
フィリピンのファーストフード業界、首位を走る「ジョリビー」

2009年 1株 約40ペソ
2019年 1株 約302ペソ

約7.5倍になっています。

ジョリビーの株価チャート

そして、お気づきかもしれませんが、
1株の値段が非常に低いのがフィリピン株が参入しやすい理由です。

特徴2 
株の取得費用が、少額で済む!!

日本の時価総額ランキングTOP10の会社の時価総額、
および1株の値段になります。

日本の時価総額ランキングトップ10

トヨタ、ソフトバンクと名だたる企業名が連なっていますが、
1株の値段が非常に大きいですね。

トヨタ、ソフトバンクを例に挙げると、
最低単元株が100株からの購入になるので、

本日現在トヨタ株を買うには、
6559円×100株=655,900円

ソフトバンク株を買うには、
10340円×100株=1,034,000円

となかなかの金額が必要になり、
敷居が高いです。

ところが、

現在のフィリピンの証券の時価総額ランキングTOPの
SMインベストメンツコーポレーションは、

今日現在、1株903ペソ(約2000円)

しかも最低10株からの購入でいいので、9030ペソ(約2万円)から、株主になれるんですね。

SMに限らずフィリピンの証券のTOP30社の銘柄は、最低単元、最小株数で購入すれば、
30万円出せば30社すべての株主になることが可能です。

トヨタ100株の金額でフィリピンの全代表銘柄30社をカバー。

非常に敷居が低くなり銘柄も分散するため、リスクヘッジにもなると思います。

特徴3 
空売りができないので、初心者向き

フィリピン証券取引所は、驚くことに「空売り」機能が存在しません。

空売りの解説図

わかりやすくいうと、空売りとは、
株価が下がると利益が出る仕組みです。

空売りが存在すると、当然、株価が下がることによって利益が出る人がいます。

すると、

株価上がれ!と思う人
株価下がれ!と思う人、

それぞれがマーケットで競争することになります。

この中でプロでもない株の一般トレーダーが戦うのは、大変難しいです。

しかし、空売りのないフィリピン市場では、”基本的”に満場一致で
「株価の上昇」を願う分、初心者にも取り組みやすいといえます。

また逆に、見方を変えれば、空売りがないからこそ
証券取引所もまだまだ未成熟とも言えます。

今後、経済発展がますます進み、人口が増える国の証券マーケットが
世界の機関投資家やファンドに放っておかれるわけがありません。

「空売り」機能が実装されたとき、世界のお金が一時、
フィリピン株に流入することも予見されます。

その前に、安い株価で株を購入しておけば、
全体相場が底上げされる可能性も十分あり得ます。

特徴4 
IPO株が余裕で購入できる

弊社が大手証券会社と提携したことにより、実現しました。

フィリピンの証券口座さえ開けば、IPOに参加可能です。

IPOとは、新規上場株のことを指します。

新しい会社が証券取引所に上場する直前に株を投資家に売り出して、
取引所上場後、誰でも株取引できるようにすることです。

わかりやすくいうと、IPO株を買うと
基本的に上場直後に売れば高確率で儲けがでます。

2018年に行われたIPO株でも殆どのIPO銘柄は、黒字を出しています。

昨年の有名IPOですと、メルカリ公募価格3000円に対して初値は5000円。

メルカリのロゴ

たった1日で、株価が約1.67倍になりました!

利回り67%!!!!

IPOの中には、驚きの高騰を見せる銘柄もあり、
2018年上場、人工知能AIを活用したインターネットサービスを主軸とするHEROEZは、
公募価格4500円に対し、初値は49000円!!

1日で10.89倍という、すさまじい暴騰をたたき出しました。

IPO市場最大の暴騰率といわれています。

ところが、IPO株の問題は、人気が出るあまり抽選になってしまうということです。

これだけ利益が出るのなら、欲しいと思って当たり前。

逆に言えば、IPOを購入可能な枠に対して、買いたいという需要が大きいため、
上場後、買い圧が多くなり、株価が跳ね上がるわけですね。

さて、では、フィリピンの証券はというと。

これが、競争率が低くて購入しやすいというメリットがあります。

なぜなら、フィリピンの人口に対して、
証券口座を持ってる人は1%にも達していない現状なのです。

フィリピンのIPO銘柄の推移について解説いたします。

IPO銘柄1 
ダブルドラゴンプロパティーズ

ダブルドラゴンプロパティーズのロゴ

●上場日2014年4月4日

フィリピン最大のファーストフードチェーン「ジョリビー」の代表と「マグイナサール」の代表が
不動産事業へ進出し、設立した不動産ディベロッパーです。

以前、弊社がご紹介させていただいた投資収益型ホテルコンド、101ホテルを手掛ける会社ですね。

IPO時の価格:
1株3.53ペソ

IPO初日の終値:
1株3.86ペソ(約10%上昇

IPOから1月後の価格(2014年5月12日):
1株7.73ペソ(約218%上昇

ダブルドラゴンプロパティーズの株価チャート

2016年6月9日までは、どんどん株価を上げていき、最高株価は、1株80ペソ。

この瞬間、株を売却した場合、価格が上場日から2年で20倍になっています。

これが、フィリピン株の醍醐味ですね。

上がるときは、短期で驚くほど上がります。

その後、株価は落ちていき、最近の101ホテルの成功で回復の兆しをみせはじめ、
2019年5月17日時点、株価は1株26ペソ。

それでもIPO時に比較すると7.3倍の価格になっています。

IPO銘柄2 
ウィルコンデポット

ウィルコンデポットの店舗ロゴ

●上場日2017年4月4日

フィリピン最大級のホームセンター株です。

基本的な資材関連がそろっており、フィリピン全土に展開をしています。

IPO時の価格:
1株5.15ペソ

IPO初日の終値:
1株5.2ペソ(約1%上昇

IPOから1月後の価格(2017年5月8日):
1株5.37ペソ(約4%上昇

ダブルドラゴンに比較すると、初動が遅いのですが、
実は2019年5月17日現在の株価、1株16.7ペソと、驚きの約3倍!!!

ウィルコンデポットの株価チャート

ここ数年の取引で私個人が一番儲けさせてもらった株です。

上場後半年の10月に1株8.37ペソと60%以上上昇したのちもずっと右肩上がりを続け、
この2年で3倍へと成長したかなりの有望株へと成長を遂げています。

IPO銘柄3 
セブランドマスターズ

セブランドマスターズのロゴ

また、2017年6月6日上場した、セブを中心に不動産開発を進めるセブランドマスターズ社の株価は、

IPO時の価格:
1株5ペソ

IPO初日の終値:
1株5ペソ(上がって下がって元通りに。)

IPOから1月後の価格:
1株5.9ペソ(約18%上昇

のように推移しています。

日本のIPOに比べると、上場後即日20%アップのような高騰に欠けるデータになりますが、
そこから半年、1年、2年後は大きく上昇している企業が多く、
IPO時が最安値のケースが見受けられます。

かといって、日本も同様ですが、当然全IPO銘柄がうまくいくとは限りません。

IPO銘柄4 
イーグルセメントコーポレーション

イーグルセメントコーポレーションのロゴ

●上場日:2017年5月30日

こちら、1995年に創設された、フィリピン最大級のセメント供給会社になります。

フィリピンは、まさに建設ラッシュで、どこもかしこもセメントを使っており、
株価はどんどんあがるだろうと、よく調べもせずに私も参加したIPOなのですが、

IPO時の価格:
1株16ペソ

IPO初日の終値:
1株15.3ペソ(5%下落

IPOから1月後の価格:
1株16.8ペソ(約5%上昇

IPO後、価格が割れました。

その後、1月後に5%上昇をした後は、ひたすら下降・上げ下げを繰り返し、
IPO当時の価格を推移しています。

イーグルセメントコーポレーションの株価チャート

なので、当たり前ですが、なんでも感でもIPO購入すれば、
必ずもうかるというわけでは当然ありません。

フィリピン証券のトレーダーは、外国人人口がいいので、
やはり、外国人でも注目するような、光る業種、技術、商品を持っている会社が
株価が上がりやすい傾向にあると思います。

ちなみに、このイーグルセメントの株は完全にボロ株か?
というと、そんなことは全くありません。

イーグルセメントコーポレーションの株価チャート

この赤枠のところにご注目ください。

2018年に2月28日、1株13.82ペソ

約2か月後の2018年5月9日は、16.6ペソまで急上昇。

たったの2か月で、20%上昇しています。

どんな優秀企業の株もエントリー時期を間違えば、損をしますし、
逆に無名企業の株も底値で仕込めば、十分利益を上げることができる。

正に株の特性をよく表したグラフかと思います。

講師紹介

町田 健登

町田 健登

S DIVISION HOLDINGS INC 業務執行役員
STEP PHILIPPINE REAL ESTATE AND PROPERTY INC COO(最高執行責任者)

栃木県出身 1988年生まれ 東京の某大手外資系企業に勤務するが、 終わらない残業、貯まらぬお金に絶望。 出産を機に、日本の大手人材会社に転職し、 駐在員として2013年フィリピンに足を踏み入れる。 駐在員時代に「新の自由とは何か?」を模索し、 家族の為に投資家として第2の人生を歩みだすことを決意する。 投資家として、フィリピン不動産、フィリピン証券、金融商品や 仮想通貨などに積極的に投資を行い、若干29歳でありながら、 その運用額は個人で1億円を超える。 S DIVISION HOLDINGS INC.への入社のきっかけは、 自分自身が同社が取り扱う金融商品へ投資したことがきっかけ。 銀行経営、金融業、不動産業、フィリピン証券、 語学学校、人材派遣、美容関係業を営むS DIVISION HOLDINGS INC.に魅力を感じ、 顧客として関わるだけでなく、自分自身がその商品を広めたいと精力的に活動する。 またトライアスロン選手という側面も持ち、 投資やビジネスだけでなく、スポーツマンとしても活動している。 フィリピン現地から最先端の情報を発信中。

申し込みフォーム

フィリピン証券フォローアップセミナーの詳細

対象者:ABCapitalの開設者

こんな方にオススメ

  • まだトレードが出来ていない方
  • IPOの買い方が分からない方
  • 効率的なトレード方法を知りたい方
  • 資産を増やしていきたい方

セミナー内容

  1. 基本的なトレードの仕方の復習
  2. IPO4銘柄の分析、解析
  3. IPOを希望通り購入する方法
  4. IPOを外れた際のバックアップ策
  5. IPO銘柄の資産分散の目安
  6. IPO乗り換えで資産10倍を目指す方法
  7. 質疑応答

セミナー開催日

現在、開催予定はございません。
決定次第更新いたします。